1日1万歩はどこまで健康に良いのか

1日1万歩。万歩計という言葉があるほど有名な数字ですが、はたして本当に健康に良いのかどうか。参考になる研究結果をご紹介します。

結論は、1日1万2,000歩が健康に良いです。


アメリカの国立衛生研究所(NIH)が日々の歩数が多いほど、死亡リスクが低くなることがわかったと発表しました。研究は米国立がん研究所(NCI)と米国立老化研究所(NIA)、および米疾病管理予防センター(CDC)のグループによるものです。

今回、研究グループは、アメリカの一般的な成人における1日の歩数および歩行強度と死亡率との関連を解析しました。

調査では、対象者に7日間計測機を着用してもらい、1日の歩数、歩行のスピード(3つの区分で評価)のデータを収集。

研究グループはそのデータの中から、2003~2006年当時40歳以上だった4,840人について、2015年12月まで追跡し、死亡率との関連を調べました。

対象者の平均年齢は56.8歳、平均歩数は9,124歩/日で、追跡約10年間で1,165人が死亡。

「歩数の多さ」で区分して総死亡率を分析した結果、1日4,000歩の群と比較した結果、

1日8,000歩の群は、51%死亡リスクが低い


1日1万2,000歩の群で、65%死亡リスクが低い


ということがわかりました。


年齢や性別、人種に関わらず、"歩数"の多さと死亡率の低下に関連性がある。


一方、「歩行の速さ(強度)」と死亡リスクとの関連を調べたが、有意な関連は見られなかったそうです。

くわえて、循環器疾患とがんによる死亡率も、歩数が多いほど低くなっていることも判明。


観察研究ですから、因果関係の断定には至っていませんが、運動が健康維持において重要であることは揺るがないでしょう。

ゆっくりでも、たくさん歩くを意識してみてください。


そして、痛めずにたくさん歩ける体に整えてください。


※研究成果は「Journal of the American Medical Association」に掲載されています。

西田整骨院 宇治市小倉の治る整体・接骨院

京都府宇治市 近鉄小倉駅前 "体のゆがみ"を科学した完全予約制の整骨院。歪みなおしで《やりたいことができる人生》をサポートします。 いろんな整体治療や骨盤矯正を受けても、しびれや痛みに悩まされる方々。ぜひ一度お越しください。

0コメント

  • 1000 / 1000