笑わない人は死亡のリスクが1.95倍になる?

年末年始、私はたくさんのお笑い番組を見ていました。毎年恒例の"ガキ使"は、流れが分かっていても見たくなります。笑

今日はお笑いに関係する健康ニュースを見つけましたのでご紹介します。

声を出して笑う機会が少ない人は、週に1回以上声を出して笑う人に比べ、死亡と心血管疾患(脳卒中、心筋梗塞、狭心症など)のリスクが約1.6倍~2倍になる。山形県の中高年1万7000人を対象にした研究結果として発表されました。


山形大学医学部教授の櫻田香さんらによる発表で、山形県内の7つの市に住む1万7152人を分析対象にしたもので、男性が7003人、女性が1万149人、平均年齢62.8歳のデータが元になっています。

そのデータでは、
  1. 全体の82.2%が週に1回以上笑っていた
  2. 笑う頻度が月1回以上週1回未満の人は全体の14.5%
  3. 笑う頻度が月1回未満は3.3%にとどまる
  4. 笑う頻度が低かったグループには男性が多い
  5. その男性グループには喫煙者や糖尿病患者が多い
  6. 配偶者がいない人、運動しない人も多い
という傾向が見られたそうです。

さらに、年齢、性別、高血圧の有無、喫煙習慣、飲酒習慣などを考慮して比較したところ、笑う頻度が月1回未満の人々は、あらゆる原因による死亡リスクが1.95倍になっていたとのことです。


ちなみに心血管イベントのリスクは、月1回以上週1回未満群で1.62倍になっていたそうです。

どうやら、笑う頻度が低いことは、死亡と心血管イベントの危険因子である可能性があるようです。

当院でも、すべての患者さまに笑っていただきながら、ゆがみなおし整体を受けていただけるよう、無痛の生体をさらに磨いていきます。本年も何卒宜しくお願い申し上げます。

西田整骨院 宇治市小倉の治る整体・接骨院

京都府宇治市 近鉄小倉駅前 "体のゆがみ"を科学した完全予約制の整骨院。歪みなおしで《やりたいことができる人生》をサポートします。 いろんな整体治療や骨盤矯正を受けても、しびれや痛みに悩まされる方々。ぜひ一度お越しください。

0コメント

  • 1000 / 1000