サッカー選手の認知症死亡割合が、3.5倍も高いという結果に

将来、サッカーではヘディングが禁止されるかもしれない。そんなニュースがありました。

その内容は、イギリスのスコットランドにあるグラスゴー大学の専門家たちが発表した調査結果によるもの。サッカー界に衝撃をもたらしたようです。

頭を使ってボールを扱う「ヘディング」が脳損傷につながる可能性があるという調査結果で、元プロサッカー選手は認知症を発症して死亡する割合が同世代よりも3.5倍も高いという結果が出たそうです。。


イギリス放送協会『BBC』によりますと、この調査結果を受けたスコットランドサッカー協会は、子供たちへのヘディング禁止令を検討しているそうです。

スコットランドサッカー協会は専門家と協議したうえ、選択肢について検討する見込みだそうです。

ちなみに、既にアメリカでは2014年以降は子供のヘディングが禁止されているそう。


サッカーやスポーツに限らず、私たちが当たり前に行っていることの中に、身体に良くない行為がまだまだあるのかもしれませんね。

西田整骨院 宇治市小倉の治る整体・接骨院

京都府宇治市 近鉄小倉駅前 "体のゆがみ"を科学した完全予約制の整骨院。歪みなおしで《やりたいことができる人生》をサポートします。 いろんな整体治療や骨盤矯正を受けても、しびれや痛みに悩まされる方々。ぜひ一度お越しください。

0コメント

  • 1000 / 1000