健康に良い運動は、ウォーキングに早歩きを混ぜること

健康寿命を延ばすため、「1日1万歩、歩いていこう」と言われますが、ただ歩くだけでは期待するほどの健康効果は得られない。

こう指摘されているのが信州大学大学院 医学系研究科教授の能勢博さんという方。

その能勢教授が提唱されているのが「インターバル速歩」というものです。

インターバル速歩とは、ややきついと感じる程度の「早歩き」と通常の速度の「ゆっくり歩き」を3分間ずつ交互に繰り返す健康法。

ややきついとは、中強度の運動。


東京都健康長寿医療センター研究所運動科学研究室長の青柳幸利さんが提唱されている「中強度の運動」とは、「なんとか会話ができる程度の運動」とのこと。

早歩きや階段上り、スクワットなどの筋トレでも有効だそうで、年齢や体力に応じて適度な負荷の運動を選んでください。

せっかく歩かれるのであれば、ぜひ「筋肉への適度な刺激」を意識して、テンポよく歩きましょう。
確かにウォーキングは血圧も少なからず下がり、血液も多少はサラサラになります。

ただ、それだけだと年齢とともに減っていく筋肉量の維持ができません。

早歩きをする間は、普段よりも強い負荷が筋肉にかかり、その刺激で筋肉が大きくなり、筋力が向上します。

また、心肺機能をはじめとした循環器系の機能向上に加え、筋肉が動くために必要な糖質の代謝機能も改善され、血糖値も下がるとのことです。

筋肉の量が減れば、体温が低下しやすく、病気を引き起こしやすくなりますから、運動により体に適度な刺激を与え、骨密度や筋肉量の低下を防いでいきましょう。

西田整骨院 宇治市小倉の治る整体・接骨院

京都府宇治市 近鉄小倉駅前 "体のゆがみ"を科学した完全予約制の整骨院。歪みなおしで《やりたいことができる人生》をサポートします。 いろんな整体治療や骨盤矯正を受けても、しびれや痛みに悩まされる方々。ぜひ一度お越しください。

0コメント

  • 1000 / 1000